人が生きていくためには、パン以上のものが必要です。

すなわち、神のすべてのみことばが必要なのです。(マタイ4章4節 NLT)

神の・・・恵み深いみことばは、

神の望んでおられる通りにあなたがたを造り上げ、

必要ないっさいのものをあなたがに与えることができるのです。(使徒の働き20章32節 Msg)

聖書が与えられているのは単に知識を増やすためではなく、人生を変えるためなのです。

私たちは普段、生活する中でいろいろな困難や問題などの試練を経験します。しかし、試練に際してみことばの真理を学び、心の品性が磨かれ少しでもキリストに似た者として変えられ聖別されていくとすれば、むしろ順境より、逆境の苦しみの時の方が、私たちを益していることが多いのではないでしょうか。こういうわけで、試練さえも人生における希望に結びつくものとなると言えるでしょう。

今年が、皆さまにとって日々真理によって造り変えられる年となることを願います。